続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

2017 J1第18節 サガン鳥栖×川崎フロンターレ@べアスタ ~ 一回り終えて

2017.07.10

category : サガン鳥栖

鳥栖 2-3 川崎

「一回り終えて」のサブタイトルですが、実際は後半の初っ端の試合でした。

開幕の柏戦で、今年も時間が掛かるだろうなあと思っていたのですが、まあそこは予想通りというか。
(あまり当たって欲しくない予想でしたが)
昨シーズンより早い段階で勝ち点を積めてはいたものの、勝った試合でも不満が残るものが少なくなかったですし。

この試合は、川崎にポゼッションされながらも上手く対応して守れていたし、間隙をついて2得点できた反面、中盤3枚が川崎のパスワーク対応に走らされていたので、後半になって川崎に本気出されたら修正が効かなかった。
川崎の選手は連戦で疲れているだろうに、逆に凄みが増していたように感じた。

ボールを奪っても預けどころが無いシーンが増えるのは鎌田が抜けた直後だけに仕方ないにしても、失点シーンで、人数は一見そろっているのにやられ続けたのはちょっとショックでした。

ただ、補強がハマらず、いいところで主力が抜けるとどこのチームでもこんなもんだなとも思う。
試合が終わってみると、これだけ前と後ろがバラバラだとこうなるわな・・・と妙に冷静になった試合でもありました。
シーズン後半に向けて、どこに目標を置くのか、個人的には現実的な落としどころでも何ら問題ないと考えてはいます。

この試合では、選手側も相当なストレスを溜めたはず。
逆転されてから、何とかしようとする意図は感じたし、実際押し返してもいたしで、ここはまあ色々言いたい気持ちをこらえてお迎えだな、、と思ったものの・・・実際はかなり残念な感じになってしまった。

以下、見たままを覚えてる限り

ゴール裏に差し掛かった段階でパイプイスを蹴ってる権田(モノに当たるのだけは勘弁してくれ)
ゴール裏の一角のサポをロックオンし、何かを言い合う権田(と止める周囲の選手)
わかったから、というそぶり?でサポを制し、バラバラに並んでる選手を集めて深々と一礼するトヨ
コールが入ったところで、やめてやめてと「シー」のポーズをするパンゾー
最後まで残ってコールに応え、胸を(エンブレム)を叩く赤星

権田は、開幕の柏戦の後に、負けた試合でも拍手されるなんて云々と言ってたから、単にブーイングだけでキレるとは思えないので、何かアカンことを言われてるんだろうなとは思う。
本人に対してだけではなくチームメンバーに対してのものでも反応しちゃいそうなタイプだし。

タイトル取るようなクラブのサポーターは負けが込むと苛烈なブーイングをする(広島はそうでもないかな?)という印象に乗っかって、タイトル狙うならブーイング必須(されても仕方が無い)という論理とは一線を引くのですが、一方でタイトルがタイトルがと言ってるクラブ側からブーイングを「似合う・似合わない」とアレコレ言われるのは、これまた違うとは思う。

どんな内容でも負けたらいつでもブーイング、どんな内容で負けても絶対ブーイング無し 、どちらかしか無いのは息苦しいと思うんで、どういう反応するかは個人の自由だと思う。
ただ、自由には責任が伴うというか、少なくとも試合中にやり切って無かったら、ブーイングだけしても届くはずも無いし、言葉は極力選びたいもの。
ピッチから見るとわかるけど、スタンドも近いし、結構見えてますから、大勢に紛れて言いたい放題言えると思ってる方々は留意された方が良いです。
昇格して観客数増えたけど、口汚く罵るだけの悲しい感じの人も結構目立つようになった。

でも、そんなでも、多分鳥栖の選手が持つ力をピッチで発揮し、勝つことを望んでることは変わらない。

せめて試合中は、懸命に応援しよう、となるような雰囲気を作っていくことへの、責任の一端は感じ続けてもいる。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2017シーズン Jリーグ 

comment(2)  trackback(0)

2017 J1第1節 サガン鳥栖×柏レイソル@ベアスタ ~ 初の降格圏順位

2017.02.26

category : サガン鳥栖

鳥栖 1-3 柏

今季も始まりました。あけましておめでとうございます。
オフはそれなりに書くネタはあったけど、原チャリでコケたり、帰省の時にオービス光らせたり、天皇杯の決勝に行ったり、クレジットカード落としたりと忙しくて鳥栖ネタは書きそびれました。

そんなこんなでリーグ戦が始まりました。
昨季のホーム最終戦(マリノス戦)と最終節(甲府戦)は行っていないので、個人的には柏とはリーグ連戦です・・・

まあ先制はできましたが柏は強い、というか、結構選手が抜けてるけど、育成から上げてきた選手が良い感じに成長しているイメージ
あと、ディエゴ・オリベイラは相変わらずやばかった。ウィルとかフッキを初めて見た時を思い出した。
伊東純也は相変わらずキレッキレやった、同級生の小野も負けないように!
柏には大谷、輪湖とか、最近だと中谷とか、それなりに好きな選手がいるのでいつも対戦は楽しみなんですが、やっぱり負けると悔しいです。日立台ではきっちりやりかえさないとですわ。

鳥栖の出来は、ちょっとセカンドボール奪取に対するアプローチが柏より劣っていたかな。
元々いる選手同士の連携の方が少し心配になったりしたり。
原川はスタメンとして定着して欲しい。ああいうFK、藤田直之以来久々に見た。
今年の推しの選手が怪我しちゃってるらしいが、しっかり治して、早く出て来て欲しい。
それまでは今季のレプユニは開封しません。

6年目にして初めて降格圏順位を踏んだな。
今季もがんばって残留しよう。

下記で従来のチャントの動画が公開されてますので、おさらいお願いします。
新チャントも上げて行くかも・・・

https://www.youtube.com/user/SagantinoTV



にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2017シーズン 

comment(1)  trackback(0)

2016シーズン終了

2016.12.05

category : サガン鳥栖

一応まだ天皇杯は続いていますが、鳥栖の日程は全て終わったので、雑感でも。

鳥栖のシーズンは天皇杯の敗退で終わりでした。今季も広島に結局いいようにやられたシーズンだったというのが終わった直後の感想です。
しかし、終わるのが早い、ホント早い。つまらん。

リーグ戦は、ホーム最終戦(マリノス戦)も甲府のアウェイも行けなくて、消化不良な終わり方でした。
サッカーの応援とは直接関係ないところでのゴタゴタとかも有って、自業自得とはいえ、そっちも中々しんどかった。

成績もそのものもシーズン通して、夏場の挽回があって残留にはこぎつけたけど、やはり消化不良に感じてはいた。
ただ、そんな中でもハマった時の強さは従前とは一味違うので、悲観はあまりしていない。
(が、そういう時が危険なのは、過去に一杯見て来たけど・・・)

ミヌが韓国に帰ってしまう事、わかってはいたけど、やはり加入後、苦しんだ時期も経て、彼の成長とクラブの躍進をずっと見てこれたってことも含めて、身を切られるようなつらさを感じます。
選手としては勿論、別の形であっても、いつの日かまた必ず一緒に戦いたいですね。

監督人事は早く決まっているものの、補強等についてはリーグが終わった今からだと思いますが、分配金制度が変わるし、九州のJ1はまた1チームになっちゃったから、多少無理する人事はあるかもしれないし、無いかもしれない。
(オファーが断られまくってるのがどうも・・・)
来季こそはナビスコ改めルヴァンカップのノックアウトステージも経験してみたかったりもします。

センターラインはトヨが早い更新発表、ミンヒョクも続いて、、というところで、木木はやはり出て行ってしまうようですね。
そうであれば、ものすごく残念だけど、代表入りもラストチャンスに近くなって来ているから、仕方ない部分はあるかもしれないな。
ホンマ残って欲しいけど。

昇格して来る3クラブ、清水とセレッソはJ1でも、いやJ1での方がハマるサッカーしてる気がするんで、またまた厳しいシーズンを覚悟して臨んだ方が良いとは思う。間違いないのは札幌には落とせない。
プレーオフは松本、セレッソ、京都のどこが来てくれても良かったんですが、対戦相手としてはセレッソが一番手を焼きそうには思うかな、監督次第なトコもあるけど、ユンさんが監督するという話もあるし。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2016シーズン 

comment(0)  trackback(0)

2016 J1 2nd 第15節 柏レイソル×サガン鳥栖@日立台 ~ 残留のその向こうに

2016.10.27

category : サガン鳥栖

柏 2-3 鳥栖

久々に遠征しました。(というか今季、公共交通機関利用では初めてだ)
日立台は昨年も行きましたが奇しくも同じスコアでの勝利。
昨年よりは辛勝みは少なかったかもしれないです。

柏も鳥栖も休みが長かったせいかどちらもプレスが早く落ち着かない展開でしたが、ミンヒョクの横パスから大ピンチになったシーンでゴールを決められなかったのがポイントだったかもしれません。
1点目、2点目ともにいいボールの動かし方で得点できたので、今シーズンの残りも、そして来季もこんな感じで進められたらと思いますね。

それにしてもあのハンド見逃しはダメでしょうね~ 西村主審も、プレーを止めた鳥栖の選手も。
特に西村主審の「プレーオン」は謎です。
鳥栖のファウルと認識してのジェスチャーじゃなさそうだが、もしそうだったなら、かつて(2005年鳥栖×草津)の家元氏並みではないか? 勝ったからよかったけど・・・ (ちなみに試合全体を通しては余り不満は感じなかったです)

開始時間が早かったので、試合前の呑みは控えめだったけど、終わるのが早い分試合後に一旦ホテルでゆっくりしてから呑みに行けたのは良かった。

翌日は、今更ながら初めて「サッカーミュージアム」に行ってきました。
掲示されている大会や試合のこと、知ってるものは色々思い出しながらなので結構アタマが疲れましたね・・・

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2016シーズン 

comment(0)  trackback(0)

2016 J1 2nd 第12節 大宮アルディージャ×サガン鳥栖 ~ 残留したで

2016.09.26

category : サガン鳥栖

大宮 1-1 鳥栖

(スカパー観戦)

トヨとムス、そしてミステルの出場停止ということでトミー、ハヤの2Topとなりましたが、前半は前線から上手くハメた守備が出来ていて、その守備からトミーがPKゲットして先制。
ただ、前半の終わりころから家長を(一応)右サイドに移されてから、対応が難しくなり、逆サイドの泉澤を活かして縦に早い攻撃を食らい続け、根負けして同点に追いつかれ、そのまま逆転もあり得そうな展開でしたが、木木の2回のビッグプレーでどうにか勝ち点1を手にできました。

残留マジック対象の名古屋が勝ちましたが、勝ち点26(闘莉王の復帰が遅くて助かったわ)
鳥栖は勝ち点39
残り4試合、名古屋が全勝しても届きませんので、残留が確定しました。

J1昇格してからずっと残留する試合には立ち合えていたから、少し残念だったけど、ま、いいかな。

さて、重要なのはこれからのリーグ戦残り試合と天皇杯ですぞ。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2016シーズン 

comment(0)  trackback(0)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad