続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

清涼の秋気身にしみて

2017.10.16

category : サガン鳥栖

9/23(土) 浦和 2-2 鳥栖(DAZN)
 浦和の軽い対応で先制するが、こちらも鉄壁の守備は今は昔
 交代で下がってベンチにいた田川の表情が、中継ぎが捕まって勝ち星が消えた先発投手のそれだった。

9/30(土) 鳥栖 1-0 鹿島(ベアスタ現地)
 攻守が見事嵌る今季一番の試合。今季はこれ以上の試合は望めないかもしれない。
 ただ、この試合内容だと出来れば複数得点をとっておきたかった。
 福田の出来がかなり重要なチームになってきた気がする。その次がアン・ヨンウ
 若い選手(できれば生え抜き)で、あと2、3人そういう選手が出てくると先が楽しみになる。
 
10/15(日)鳥栖 1-2 C大阪(ベアスタ現地)
 セレッソはリーグ戦連敗していた上に、ベアスタで長らく勝ってなかったらしいが、鳥栖が対ガンバ戦と同じく連敗ストッパーの役を担うことに。

 先制し、追いつかれた後も優位に試合を進めてられていたが、試合間隔が開いてしまったのが仇になったか。
 ”守備重視”らしいが、相変わらずの安い失点でペースを崩し、逆転されてからは最終的に放り込む以外に打つ手なし。
  
 今のセレッソに負けるのは福岡の次くらいにムカつくことがわかって、当の本人も正直驚いているが、反面セレッソはもしタイトル取るなら今季しかないとも思っている。今年は選手も言う事聞いてるが一つ狂いだすと…

鳥栖は、数字上はまだリーグ3位の可能性はあるものの、上位との対決は磐田を残して終わっている。
得失点差がここに来ても-1という、三翻役あたりは自摸るが満貫に放銃しているような試合運びのシーズンでは、1桁順位確保が落としどころになって来たと思える。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2017シーズン 

comment(0)  trackback(0)

晩夏の候

2017.09.18

category : サガン鳥栖

8/13(日)横浜 1-0 鳥栖(DAZN)
 試合冒頭の軽い失点のあとは、ほとんど何もさせてもらえず。

8/19(土)鳥栖 3-0 大宮(ベアスタ現地)
 久々の大差勝ち。イバルボ半端ない。
 
 ※某大宮サポ知人 脱水症状で病院送りに…

8/26(土)鳥栖 1-3 G大阪(ベアスタ現地)
 完敗。井手口がものすごくよかった。

9/10(日)仙台 4-1 鳥栖(DAZN)
 権田負傷交代後にリズム作れず、カウンターを食らいまくる。
 数年おきにある仙台戦の大敗は、いつ見てもイライラ度が他とはけた違い。

9/16(土)鳥栖 2-1 甲府(ベアスタ現地)
 秋風吹く時期になっても続く軽い失点、ポゼッションするも細かいミスが続く攻撃に半ば呆れもするが、
 甲府・橋爪の黄色二枚退場で得た数的優位をどうにか活かして逆転勝ち。
 J2で昇格争いしている最中とかなら、まあ結果オーライなのだが・・・

しかし、何でもかんでもブーイングの輩の多い事。
パンゾーとドゥドゥのシーン、あんなの時間稼ぎなんかではないのすぐ分かるし、そもそも時計止めてる。
しまいにはパンゾーに「シーっ」とまでされる始末で物凄く恥ずかしかった。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2017シーズン 

comment(0)  trackback(0)

夏休み(1)

2017.08.13

category : サガン鳥栖

2017夏休みその1(自分が休みというわけではないのだが)

広島 0-1 鳥栖
鳥栖 2-1 清水
柏  0-0 鳥栖

中断期間が終わってから、内容は決して完ぺきではないけど、良い時と良くない時の差が少し減った印象は受ける。
順位も何とか一桁に持ってきた。
ビッグアーチで初めて勝ったり、ホームで清水に初めて勝ったりとかいうメモリアルも。

補強、放出では更に攻撃的にする意図が見えるが開幕からボランチが薄いところが余り手当できていない。
ヨシキ怪我したら厳しい。(それにしても彼は怪我をしなくなった)

(一応)補強組のイバルボは暑くなって来て本調子出てきたか、中々見てても楽しめるフットボーラーだなと。あとは得点ですかね。

残念なことに生観戦したのはホーム清水戦のみ。
柏は絶対行くつもりだったのに日程が悪すぎた(LCCですら片道2万はとても払えない)

今日は、これまたあまり分の良くない、横浜のアウェイ
横浜もいつも日程に恵まれない。唯一行ったのはコロっと負かされた天皇杯準決勝のみだ。

PKの見逃し?もあったけど柏をゼロで押さえて調子を上げてきたところで、これまた調子の良い横浜に勝てると大きい。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2017シーズン 

comment(0)  trackback(0)

中断期間を経て、夏

2017.07.28

category : サガン鳥栖

リーグ戦の中断期間では2試合ほど観戦しましたが、どちらも望む結果にはならず。(元旦の予定も空いてしまった)

チームは中々苦しい状況で、思うように行かなくて、選手もどことなく自信なさげに映りました。

明後日は苦手広島と、これまた勝ちの無いビッグアーチ

自分は行けませんが、そろそろ勝てるような気がします。
行けないときに限って勝つのは、ちょっと寂しくもあるがそうも言ってられん状況だし。
勝てれば、何かが変わる気はする。

















ま、かなり前から毎年言ってるような気はしますが(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

あ、イバルボおかえり(と言うのがいいのか?)

tags : サガン鳥栖 2017シーズン 

comment(0)  trackback(0)

2017 J1第18節 サガン鳥栖×川崎フロンターレ@べアスタ ~ 一回り終えて

2017.07.10

category : サガン鳥栖

鳥栖 2-3 川崎

「一回り終えて」のサブタイトルですが、実際は後半の初っ端の試合でした。

開幕の柏戦で、今年も時間が掛かるだろうなあと思っていたのですが、まあそこは予想通りというか。
(あまり当たって欲しくない予想でしたが)
昨シーズンより早い段階で勝ち点を積めてはいたものの、勝った試合でも不満が残るものが少なくなかったですし。

この試合は、川崎にポゼッションされながらも上手く対応して守れていたし、間隙をついて2得点できた反面、中盤3枚が川崎のパスワーク対応に走らされていたので、後半になって川崎に本気出されたら修正が効かなかった。
川崎の選手は連戦で疲れているだろうに、逆に凄みが増していたように感じた。

ボールを奪っても預けどころが無いシーンが増えるのは鎌田が抜けた直後だけに仕方ないにしても、失点シーンで、人数は一見そろっているのにやられ続けたのはちょっとショックでした。

ただ、補強がハマらず、いいところで主力が抜けるとどこのチームでもこんなもんだなとも思う。
試合が終わってみると、これだけ前と後ろがバラバラだとこうなるわな・・・と妙に冷静になった試合でもありました。
シーズン後半に向けて、どこに目標を置くのか、個人的には現実的な落としどころでも何ら問題ないと考えてはいます。

この試合では、選手側も相当なストレスを溜めたはず。
逆転されてから、何とかしようとする意図は感じたし、実際押し返してもいたしで、ここはまあ色々言いたい気持ちをこらえてお迎えだな、、と思ったものの・・・実際はかなり残念な感じになってしまった。

以下、見たままを覚えてる限り

ゴール裏に差し掛かった段階でパイプイスを蹴ってる権田(モノに当たるのだけは勘弁してくれ)
ゴール裏の一角のサポをロックオンし、何かを言い合う権田(と止める周囲の選手)
わかったから、というそぶり?でサポを制し、バラバラに並んでる選手を集めて深々と一礼するトヨ
コールが入ったところで、やめてやめてと「シー」のポーズをするパンゾー
最後まで残ってコールに応え、胸を(エンブレム)を叩く赤星

権田は、開幕の柏戦の後に、負けた試合でも拍手されるなんて云々と言ってたから、単にブーイングだけでキレるとは思えないので、何かアカンことを言われてるんだろうなとは思う。
本人に対してだけではなくチームメンバーに対してのものでも反応しちゃいそうなタイプだし。

タイトル取るようなクラブのサポーターは負けが込むと苛烈なブーイングをする(広島はそうでもないかな?)という印象に乗っかって、タイトル狙うならブーイング必須(されても仕方が無い)という論理とは一線を引くのですが、一方でタイトルがタイトルがと言ってるクラブ側からブーイングを「似合う・似合わない」とアレコレ言われるのは、これまた違うとは思う。

どんな内容でも負けたらいつでもブーイング、どんな内容で負けても絶対ブーイング無し 、どちらかしか無いのは息苦しいと思うんで、どういう反応するかは個人の自由だと思う。
ただ、自由には責任が伴うというか、少なくとも試合中にやり切って無かったら、ブーイングだけしても届くはずも無いし、言葉は極力選びたいもの。
ピッチから見るとわかるけど、スタンドも近いし、結構見えてますから、大勢に紛れて言いたい放題言えると思ってる方々は留意された方が良いです。
昇格して観客数増えたけど、口汚く罵るだけの悲しい感じの人も結構目立つようになった。

でも、そんなでも、多分鳥栖の選手が持つ力をピッチで発揮し、勝つことを望んでることは変わらない。

せめて試合中は、懸命に応援しよう、となるような雰囲気を作っていくことへの、責任の一端は感じ続けてもいる。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2017シーズン Jリーグ 

comment(2)  trackback(0)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad