続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

2011年シーズンの体制:その3(契約更新)

2011.01.15

category : サガン鳥栖

1月12日の木谷の更新で出揃いました。
赤星が一番在籍年数が長くなったのか・・・

丹羽 竜平 (にわ・りゅうへい)選手
 この更新はでかいです。
 来年はスタートからボランチ固定で願います。本人もその方がいいみたいよ。

 ただ、その後の日高の移籍、米田、永田、岡本と相次ぐ加入で、どうも右SBへの材料が不安・・・

藤田直之(ふじた・なおゆき)選手
 中盤は丹羽との固定でいいでしょう。
 判断スピードの向上、ディフェンスに回ったときの手の使い方に一工夫を・・・

赤星拓(あかほし・たく)選手
 鳥栖の象徴として一段の成長を
 今年も中々ポジションを奪えなかったし、来年は正念場だろう。
 ハイボール、クロスへの対応かな・・・

柳澤隼(やなぎさわ・じゅん) 選手
 シーズン中の体調不良はプロ生命すら危ぶまれたらしい。 実際痩せてた。
 復調後、期待を持たせるプレーの数々と、天然キャラとで、なかなか華のある選手です。

室拓哉(むろ・たくや)選手
 ホーム最終戦後のゴール裏での挨拶の言葉通り。来季も後ろからしっかりサポートする。
 怪我明けで本調子では無かったようだが、一定の安定感は有った。

 後援会のパーティーではゴメンネ・・・

池田圭(いけだ・けい)選手
 真ん中に切り込む怖さ、プレースピードを上げた時の精度かな。
 まだまだ伸びると思います。そうじゃないと困る!
 
早坂良太(はやさか・りょうた)選手
 運動量は申し分なし。プレーに気持ちが入ってるのが分かりやすい選手です。
 怪我も無く、警告もそれほど受けずにシーズンを乗り切ってくれました。
 今季も攻撃陣の中心であることは間違いないと思います。
 圭とも共通するけど、プレースピードを上げたときの精度が上がれば相手にとってもっと怖い選手になれると思う。

磯崎敬太(いそざき・けいた)選手
 若干守備寄りの選手だけど、時折見せるクロスの精度も見るべきところですね。
 年齢的にもベテランの域に来てるので、どれほど稼動できるか。
 日高が抜けたのでバックアッパーが居ないのがチョト不安

呂成海(ヨ・ソンヘ)選手
 頭蓋底骨折の大怪我から復帰したがそれからは少し調子を落としてしまってたけど、高さ・対人の強さは安心できる。
 木谷との連携が上がってくれればという条件は有るもののストッパーのファーストチョイスでしょう。ソンヘが引っ張っていくという形になればいいのかも。
 (でも、木谷がまだ更新してない・・・・・)

山瀬幸宏(やませ・ゆきひろ)選手
 SHとして爆発的までは行かなかったけど、今季は2009年天皇杯広島戦で見せたようなエグい弾道のミドルなどを期待してます。

金民友(キム・ミヌ)選手
 代表召集も幾度か有って、コンディションも崩してしまったりもしたが、今の鳥栖のスタイルはやはり彼無しではありえない。コンディション作りは当人も当然意識してもらわないとだが、クラブとしても失敗が無いようにしてやって欲しい。

田中輝和(たなか・てるかず)選手
 慰労会で話したときの様子からある程度楽観はしてたけど、他からもオファーがあったんだろうか。
 いやしかし待たせてくれたわ(笑
  
豊田陽平(とよだ・ようへい)選手
 期限付き移籍延長!!

 リリースのコメントやブログを見ると彼が在籍したチームで愛されてきた理由がわかる。
 チーム最多得点の選手が残るというのは2005-2006年の新居、2007-2008年の藤田(怪我してたのもあるが)以来で、戦力的にも、サポータが勇気を持てるという意味でも非常に大きなことだと思います。
 育夫さんとぶつかったりもしてたけど、何気にキャリア最多出場と最多得点もできたシーズンだったし、今年の更なる成長を選んでくれたと思います。ありがとう陽平。

 また同リーグの相手の戦力を削ることをせず、レンタル継続を許可してくれた京都サンガさんにも感謝です。
 京都戦に出られないオプションも無いみたいだし(発表に無いだけかもしれないけど)

木谷公亮(きたに・こうすけ)選手
 レギュラーで出ていたCBもコンビで残るのは中々無かったこと。
 何気に3点取ってる得点力プラス、本人も「蹴って行きたい」というFKも見たい。
 チームのまとめ役としてもよろしくお願いします。(今年のキャプテンだと予想をしてます) 

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ


tags : サガン鳥栖 

comment(0)  trackback(0)

2011年シーズンの体制:その1(戦力外)

2011.01.12

category : サガン鳥栖

※2011/01/12 ヒロカズが大分に決まりました。良かった。
首藤君は残念ながら現役引退を決意するも、育成部のコーチで残ってくれることに。

----------------------------------------------------------------------------------
選手の入退団をつらつらと

まずは契約満了となった5選手


市原大嗣
 鳥栖入りしてからFW→CBへのコンバートということもあって、残念ながら試合でのプレイを見ることがほとんど無かったのでコメントしづらい。
 現役は続けたいとのことなので、いい所が見つかるといいな。

浅井俊光
 怪我(しかも大怪我)に泣かされた。という感想に尽きる。
 必ず戻ってきます。と言い残した言葉が実現できるようがんばって欲しい。意外とすぐ決まりそうな気も。

朴庭秀選手
 ボランチとして期待に応えた働き、とは行かなかった。途中加入、言葉の面のハンデはあったかもしれない。

首藤慎一選手
 首藤も結局、出てる試合を生で見ることは出来なかった。
 GKは基本的にポジションは1つ、それを今年の鳥栖は4人で争ったわけだが、4人ともいい関係で盛り上げあっていたとのこと。その点に感謝です。今後は「取って代わるチャンス」を是非掴んでもらえれば。

 現役引退・育成部GKコーチ就任
 鳥栖の未来のため、力を貸してください。よろしくお願いします。
 
長谷川博一
 大分アウェイでのプロ初ゴールの時のパフォーマンスが怪我等で持続できなかったのが残念だった。
 怪我については去年は練習中の大怪我などかなり運の悪い面もあったけど。
 もう少し(チームが)我慢できなかったもんかな?と正直思います。

 2011/01/12 大分トリニータへ完全移籍
 大銀ドームでの一発が効いたのか、ライバルチームだけど良かった良かった。


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 

comment(0)  trackback(0)

2011年シーズンの体制:その2(新加入)

2011.01.11

category : サガン鳥栖

※この記事は、新情報が入るたびに更新していきます


2011年より新たに加入して戦ってくれる選手について


野田隆之介(のだ・りゅうのすけ)選手
  日本経済大学より加入内定

  2010シーズンの強化指定で何試合か出場したなかで、藤田祥史(横浜FC)を彷彿とさせる懐の深いポストプレーで可能性を感じさせてくれました。

守田創(もりた・そう)選手
  サガントスU-18より昇格内定

  プレーは熊本戦(@水前寺)での途中出場しか見ることが出来てないですが、中盤から前線に出ての攻撃参加など、面白い存在になってくれそうでした。
  この苦しい時期にユースからの昇格はクラブにとっての財産とも言える選手だと思います。
  近視眼的にならず、長い目で見守り、いつの日かミスターサガンになってもらう、ということを意識したいです。

奥田達朗選手 (おくだ・たつろう) 選手
 愛知学院大学より加入内定

 すみません情報ありません。
 鳥栖つながりだと、やべっち、東、祥朗、河原の後輩です。
 もちろん楢崎のようになってもらいたいですね。

國吉貴博(くによし・たかひろ)選手
 ヴァンフォーレ甲府よりレンタル移籍

 サイドアタッカー 2009年は16試合に出場して5得点、2010年リーグ2試合天皇杯
 2010年の甲府は3Topが確立してたのもあってか、出場機会を減らしたのですかね。
 2010年の鳥栖は攻撃陣の交代はほとんど効果無かったから、途中出場で結果を出してたのは、ある意味頼もしいかも。

浦田延尚 (うらた・のぶひさ) 選手
 横浜Fマリノスより完全移籍

 すみません、情報ありません。 というか在籍3年で公式戦はリーグ、カップ含めてゼロ・・・
 まあマリノスのDF陣だと文字通り壁は厚くて高いけどね。

永田亮太(ながた・りょうた)選手
  湘南ベルマーレより完全移籍

  怪我があったようで2010シーズンは出場機会を減らしていたが、なんで戦力外にまでなったのかは不明な選手
  J2での実績は申し分ないし、専業ボランチとしてかなり期待してます。
  「りょうた」が二人になったな。 コールどうしようかね。

岡本知剛(おかもと・ともたか) 選手
  サンフレッチェ広島よりレンタル移籍

  サンフレッチェユースで高校3年次からトップ登録されている期待の若手選手、年代別代表
  (最近のウチは年代別代表経験者が好きだね・・・)
  本来ボランチだがCBも出来るということで、フルで稼動してくれれば、いいポイントの補強ではないでしょうか。

米田兼一郎(めた・けんいちろう)選手
  徳島ヴォルティスより完全移籍

  プロ初ゴールはダービー@鳥栖スタ 「ご縁があって」というのは本来こういうことだ。
  Jでの経験は申し分無いし、J2も良く知っている選手
  ただし、2010シーズンの出場は0 特に怪我とかしてた感じではないのだが。

金明輝(キン・ミョンヒ)選手
  カターレ富山より完全移籍

  J昇格後は出場は減らしてはいるが、経験も重要なCBとしてはいい補強だと思う。
  

サポミでのW杯後の失速原因の見立ては「2009シーズンフルに出てない選手が多かった」からだったはずなんだけど、と言う事が気になります。
何となく、2005年シーズンに近い感じのシーズン運びになるのかな。


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 

comment(0)  trackback(0)

2011年シーズンの体制:その4(移籍・退団)

2011.01.11

category : サガン鳥栖

※この記事は新情報が入るたびに更新していきます。

始動日まで2日だが、まるで体制が見えてこないですな。
内部では当然ながらちゃんとやってるのだと思うけど、それを分かりやすい形で周囲に見せるのもプロの仕事の一部ではないのかな?


戦力外以外でチームを離れる選手について

金浩男(キム ホナム)選手
 Kリーグの光州プロサッカークラブ(2011年よりKリーグ参加/正式名称未定)へ完全移籍
 
 どの程度の力を持つのかわからないままでした。とにかくカウンターの基点(攻められる方な)になるとこしか覚えてない。でも、それは使う方の問題だとは思ってたけど。

野崎陽介(のざき・ようすけ)選手
 横浜FCで完全移籍
 岸野氏がそれほど必要にするというのは正直なところ意外でしたが、シーズン途中でのレンタル移籍の時点で想定されてた。
 まあがんばって。
 

日高拓磨(ひだか・たくま)選手
 コンサドーレ札幌へ完全移籍

 おいおい日高は出したらあかんやろ・・・
 
 ブログ停止で、もしやと思ったものの、来季に向けてのポジティブな言動もあり、余り移籍の心配はしてませんでしたが、甘かった。正直ダメージでかいです。
 藤山が戦力外で、藤田が新潟に、西嶋が徳島に移籍した札幌は、チャンスは有るし、環境も良いし、いい選択だと思う。確かにステップアップは納得。
 札幌でも愛されて下さい。

飯尾和也(いいお・かずや)選手
  横浜の方の何か似たような色のユニを着るチームへ完全移籍

  正式リリースは12/30付けでしたが、横浜FCのサイトで、おそらく12/30に更新しようとして準備していた記事が初歩的な手法で見られるようになってて判明してました。(苦笑)
  サポミのときあたりのタイミングで耳にはしていたものの、一縷の望みは持っていましたが、、、、、残念です。

  プレスリリース文って、なんだか文脈が滅茶苦茶なんですが、

  「岸野監督と一緒に自分のサッカー人生を全うしたいという思いが強く」・・・

  これは、自分のサポータとしての力不足、無力感を痛感する言葉でした。
  
  でも「縁があって」と揃いも揃って抜かしよったクソガキどもよりはよっぽどマシですが。
  
衛藤裕(えとう・ゆう)選手
  徳島ヴォルティスへ完全移籍

  福岡(大野城)出身ながらダービーでは気持ちの入ったプレーを見せてくれてました。
  ここぞという時に怪我に泣かされ、中々スタメンに定着できず、という期間が長くはなったなとは思ってたので、新たなチャンスを求める気持ちはよくわかります。
  徳島は環境には恵まれてて、補強も中々いい感じに見えるが今ひとつカラーがわからんチームなんだけど、頑張ってスタメンを勝ち取って欲しい。

萬代宏樹(ばんだい・ひろき)選手
  ザスパ草津へレンタル移籍

  鳥栖への移籍も出場機会を求めてとのことだったけど、状況は上手く噛み合わなかった感じがする。
  リーグ再開後の徳島戦のゴールが勝ちに結びついたとかだと違ってたのかもな。
  レンタルということは複数年契約だったのかもしれないけど、コメントからは戻る可能性は感じないな。
  あ、フロントは当然鳥栖戦は出場不可とかの条件付けてるよね?(シンヨンのときみたいに)
  最近更新されたブログを読むと、実質戦力外みたいに言われたんだろうか。

下地奨(しもじ・しょう) 選手
  退団(行き先等未定)

  移籍ではなく退団というのは、次の行き先は決まってないけど自分の意思でチームを離れたということ。
  2009オフの島崎もそうだったが、かなり厳しい条件提示(例えば半年契約)とかがあったのだろうか。
  主に守備寄りボランチとしての起用だったが、当ブログ管理人として印象に残るプレーは攻撃に絡んだとき。
  退団コメントにある「新天地」は海外(東南アジア)とのこと。困難は多いだろうけど納得行くようにやってほしい。


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 

comment(0)  trackback(0)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad