続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

ラーメン二郎 京急川崎店

2014.08.29

category : ラーメン

IMG_7003.jpg

NACK5に行く前に寄り道して、この時以来7年ぶりとなるラーメン二郎に行ってきました。
今回は京急川崎店です。ここは初めての店です。
京急川崎駅からぶらぶらと歩いて店に到着した時には開店時間を過ぎていましたが、ちょうど10名が席についていて、並びが全く無かったです。
自分の二郎歴(というほどたいしたものではないが)では初めての経験です。


IMG_7001.jpg IMG_70022.jpg

小ぶたラーメン

ヤサイマシはしたかったのだが、コールのタイミングをつかめず、ニンニクのみ。
ニンニクは刻みなので、後で相当臭いそうです。(実際臭かった)

久しぶりの二郎なので緊張しましたが、ロットを崩すことも無く、割とあっさり完食。
麺が少なめでしたかね。スープはマイルドでしたが、ぶたの味がしっかりしていましたので、ほどよい濃さに。

過去の記事を見ていくと、その時も小では物足りないとか感じてたみたいなので、次回はコンディションにもよりますが、大でもいいかなあ。多分しないけど。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

ちなみに同時刻帯に大宮店で特大(=大)に挑戦したNORDのTちゃんからは死にそうだとのレポートが届いていました。

tags : ラーメン二郎 

comment(2)  trackback(0)

2014 J1第21節 大宮アルディージャ×サガン鳥栖@NACK5 ~ 吉田サガンの反撃開始

2014.08.29

category : サガン鳥栖

大宮 1-3 鳥栖

IMG_7065.jpg IMG_7073.jpg

昔々、NACK5が大宮公園サッカー場、大宮アルディージャがNTT関東という名称の頃(1993年)に、鳥栖の試合では無いですが一度だけ来たことがあるものの、改装後では初めて訪れました。
まず目を引かれたのが芝生の良さ。ベアスタはもう直ぐ張替えと思いますが結構痛んでいるので。

去年は鳥栖のゴール裏がメチャクチャ狭かったらしいですが、今年はチケットの売れ行きもそこそこ良かったようで、エリアは広くはなっていました。


左サイドを突破したミヌのゴールで先制できましたが、坂井がムルジャを倒してしまいPK、それを木木がストップしたことで、試合の流れは掴んだと思ってしまったのが甘かった。
前半ATに坂井のクリアが小さくなったところを上手くつながれて家永のゴールで同点に追いつかれるという少し気になる流れになりました。
大宮の前線3人は個人で打開する能力があるため、それからも決定的なシュートも打たれるものの、それらが悉くバーやポストを叩くという幸運は有りました。
ただ後半になって高橋祥平の交代が鳥栖にとってはじわじわ効いて来ます。

2点目のシーンは左サイド深く持ち込んだトヨのクロスにコータが飛び込んで押し込むという、これまでとは逆ですがホットライン復活。強引にシュートに行かずにフェイントで更にえぐった段階で勝負あり。
3点目はトヨから始まったワンタッチプレーを続け、最後はコータの浮き球パスをケイが素晴らしいトラップから二アに叩き込むゴラッソ。フットサルのようなプレーでしたね。

これで吉田監督のリーグ戦での初勝利も手にすることができました。
ただ、割と早い段階で勝てたことはポジティブなのですが、試合の入り方や試合運びに関してはスムーズに行くにはもう少し時間が必要かもしれません。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ


IMG_7092.jpg

大宮はそろそろ、この方の出番なのでしょうか・・・?

tags : サガン鳥栖 2014シーズン 

comment(0)  trackback(0)

日本代表選出

2014.08.28

category : サガン鳥栖

木木彰洋、坂井達弥の二選手がアギーレジャパンの船出に選出されました。
トヨが選ばれなかったのが、うーん・・・なんですが。
中盤で米本が呼ばれなかったのも意外。

木木は先日の大宮戦にGKコーチが視察に来た中でのPKストップもあって順当な選出(とかさらっと言ってしまえるようになったのも凄い気はするが)と感じています。
当面は西川がライバルになるでしょうけど、出場機会はありそうな気がしますね。
ただ今後、権田は間違いなく、そして東口、櫛引も加えての争いになりそうな気がします。

で、坂井については本人には大変申し訳無いことですが「酒井」の間違いではないのか、菊池と間違えていないのか?と3回くらい確認しました。
サッカーファンの皆様「酒井」ではなく「坂井」です。よろしくお願いします。
育成部門からではないですけど、鳥栖でプロキャリアをスタートさせた生え抜き選手がA代表に入ることはクラブ史上初めてですね。
(今季は怪我もあって出場数は多くなく、一日署長やじゃんけん大会でも忙しかったのはナイショです)

吉田、森重、水本とライバルの壁は高いですが、選ばれるだけの理由が必ずあるので自信を持ってしっかりアピールして色々吸収してきて欲しいですし、選ばれただけで終わってもらいたくもないです。


いやそれにしてもびっくりした。

一応、期待を込めてこんなことも書いてはいたんですけどね。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 日本代表 

comment(0)  trackback(0)

第94回天皇杯3回戦 サガン鳥栖×大分トリニータ@ベアスタ ~ 吉田サガンの初勝利

2014.08.22

category : サガン鳥栖

鳥栖 3-1 大分

iPhone忘れて写真一切無し

大分の先制を少しアンラッキーな形で許しましたが、持ち込まれる時からの守備がよろしく無かったので、そこは必然の失点とも言えました。
大分のメンバーも入れ替えがあったようですが、チームもサポーターもモチベーション高く向かってくるクラブなので、それに鳥栖が圧倒されているようにも感じました。

ポゼッションは出来ていても、攻撃時の縦への動きが少なく、大分のブロックの外側でパスを回すだけで、ミスからカウンターを受けるというのが改善できていない前半でしたが、さすがに後半修正してきたことで、カウンターへのカウンター返しがしっかりハマるようになりました。
また久々にセットプレーから得点できたことで、強引に流れを戻すことにも繋がったと思います。
これまで出場の少ないメンバーが気を吐いてくれて、公式戦初勝利を掴んだことで、チーム全体に競争と活気が戻ってくれることを願います。

4回戦はモンテディオ山形との対戦で、2008年シーズンぶりとなります。
J2時代の記憶では余り得意ではない印象がありますね。

山形はトヨの古巣ですし、かつて在籍したFWの萬代、GKコーチのササさんと、旧交を温めつつしっかり結果は取りたいところです。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 天皇杯 2014シーズン 

comment(0)  trackback(0)

2014 J1第20節 サガン鳥栖×FC東京@ベアスタ ~ シンパイスナ、アンシンスナ

2014.08.18

category : サガン鳥栖

鳥栖 0-2 FC東京

2014081601.jpg

お盆の高い時期に大勢ありがとうございます(逆だったら絶対に行けてない・・・)

※サブタイトルは敬愛する上田正樹氏率いるサウス・トゥ・サウスのライブアルバムから。
※(藤井裕さんの食道ガンが完治することを願っております)

2014081602.jpg

今回はイブスキさんが久々に出店されていたので、開門後まずそこへ。
久々だったってこともあったでしょうが、かなり早く並んでたのだけど、既に何だかお店の人が殺気立ってました。
注文するのにも何かこっちがビクビクする位でしたが、無事にカリーブルストを入手
まあ美味しいのでヨシとします。
願わくば、今後も連続して出店し「試合感覚」を磨いていただければと思います。(どうやったら上手くさばけるのかを逆に皆で考えてみるのも面白いかもしれない。)


今回、MINMIがキックオフ前とハーフタイム前に歌ってくれたのですが、あの最悪な音響設備でもきちんと歌い上げてったのは、やはりホンモノ。
音は聞えにくかったけど、彼女の身体から湧き上がって来るエネルギーを感じることは出来ました。
ありがとうMINMI 機会があったらライブに行きます!

2011年から、4シーズン連続してFC東京と対戦して来た中では試合結果と共に一番地力を発揮されたように思います。付け入るスキを感じませんでした。
これまでやられてた平山、渡邊の2枚使いも、攻撃だけではなくファーストディフェンスの面で効いていました。
長らく怪我で苦しんでいた米本も、デビューしたころを彷彿とさせる働きが出来るまで戻ってきてました。
まだ23歳と若いし、アギーレジャパンの中核に食い込んできて欲しい選手。

対する鳥栖の選手からは、精神的にはまだ一杯一杯なんだろうという印象を持ちました。
失点が前半も後半も早い時間帯という所に集中力の欠如を感じましたし、決まりそうなシュートがほぼGK正面を突いたりした所は、ほんのちょっとの余裕が無かったのかと。
組み立ての部分で消極的な所、勇気に欠ける面がまだまだ払拭されてはいませんが、全体を通しては広島戦よりは改善はされていたと思います。
まずは1勝というか、どんな不恰好な形でもいいのでまず1点ですかね。(2012年ホームマリノス戦のコータのゴールみたいなの)
そして、勝ち点を40に乗せることが出来れば、少しは余裕も出るかな。

今節は試合開始前、ハーフタイム共にイベントが多かったのも多少影響したのかもしれないですが、スタンド側の余裕も名古屋戦と比べて無かったように感じました。
劣勢の状況で、ゴール裏すら「見るモード」になってしまうことに関しては、もともとそういう傾向がある所に、クラブから何らまともなアプローチが見られない現状では、各自の気持ちの持って行き方がどうしようも無いかもしれないです。
個人的には、監督解任劇に関しては、クラブからサポーターに納得行くような説明をするタイミングはもう逸していて、そういう機会は無いだろうと考えています。
説明不足のまま、逃げられるだけ逃げてみればと。
自分はしばらくはピッチの中で起こることだけに注目し続けます。

あと「跳ばない奴はサガン鳥栖~♪」はいつものことだし、実際跳んでる奴はさほどいないし、こっちもパクリチャントで応戦したことはしたけど、不発気味でしたね。
あと、やっぱり福岡以外は今ひとつピンと来ないなぁ、とも思いましたね。
何か別のは無いのかな、と思ってたら試合中の「ユン・ジョンファン」コール。
これは身内に申し訳無いけど、正直目からウロコが落ちました。
自分はガーロコールでも返しときゃ良かったね程度に思ってましたが、もちろん腹が立つという気持ちも分かります。

さーて次節大宮ですが、目下の心配は「NACKのアウェイゴール裏のスペースがどれくらい確保されているか」ですかね。
去年も大宮戦のドローから調子を取り戻し始めただけに、いいきっかけにしたい。

あ、その前に天皇杯があった。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2014シーズン 

comment(0)  trackback(0)

2014 J1第19節 サンフレッチェ広島×サガン鳥栖@エディオン ~ 行って良かった

2014.08.12

category : サガン鳥栖

広島 1-0 鳥栖



広島に対するサポーターを含むクラブ全体としての苦手意識を改めて感じさせられた試合でした。
広島は負傷者等が多く、前節で鹿島に大敗しているのを見ても本調子では無さそうであり、ビッグアーチでの初勝利のチャンスでした。
しかしそんな状況で広島の選手はいつもの華麗さだけでなく泥臭く守って、鳥栖のミスを誘発し、そこからは武器であるキレのあるカウンターを繰り出してくる迫力は変わらず、そこを鳥栖の選手は「過剰にリスペクト」していたかのように見えました。
それを打ち破る、こじ開けるための「勇気」と言えるものが希薄に感じたというか

前半のシュートはゼロ
試合全体を通しても2本

これはちょっとね・・・

監督交代の影響については有ったのか無かったのか、自分には明言は出来ないです。
ただ、皆無と言うことは「絶対に無い」とは思います。
この試合の意味合いを考えると、いつもよりももっと「泥臭く、原点に返ったプレー」は見せて欲しかった。
まあでも彼らも人間だし、今回ばかりは見えない鎖に縛られた事が有ったとしても仕方ない気はする。
(けれどこの試合に関しては・・・ 以下無限ループ)

メグさんの初采配に関しては、結果に関してはともかくも、準備期間の無さを考えると内容について色々と論評するのは意味が無いと思います。
そこは信じたいというかそれしかない。
そしてメグさん自身も自分の選んだやり方を信じて、選手と一体になってもらいたいと思います。

今回は色々ワケありな遠征ってのもあったため、楽器なしで久しぶりに90分間声出しに徹しました。
鳥栖のゴール裏に行き始めたころからすると、昨日のような難しい日程になっても現地に来る人はかなり多くなったけど、それでも少ない人数の中で声を途切れさせずに出すことで何だか初心に戻れた気がします。
反面、その中で見えたこと、今後に活かしたいと感じたことも結構ありましたね。
それをどう反映していくかが、いつもの課題でありますが・・・

苦しい試合展開ではサポーター側も落ちがちになるのをお互いにどう鼓舞して踏ん張る事ができるか、ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ


tags : サガン鳥栖 2014シーズン 

comment(0)  trackback(0)

監督解任

2014.08.10

category : サガン鳥栖

名古屋戦の記事をさて上げようかというタイミングでユン・ジョンファン監督の解任の知らせが来ました。
8日のリリースで解任は8月7日付け。こういうときの知恵は上手く働くのだね。

クラブは十分な説明を果たしていると、とても言える状況ではありません。
会見に社長が出てこなかったのは、ああやっぱりなという諦観すらあります。

実際、この話に関して、色々な人、本当に色々な人からの質問とかもらったりもしましたが、こちらもさっぱりわかりません。

ただ言えることは、試合は待ってくれないし、ピッチで戦う選手、そして後任を引き受けてくれたメグさんをせめて後押しすることしか自分には出来ないので、まずはそこはしっかりやりたいと思います。

ユンさんはセレッソでの現役時代から知ってる選手だし、鳥栖で引退してコーチから監督のキャリアまでも見て来たというのもあるので、ちょっとこの件は個人的に整理するには少し時間が要るかな。
決まったことだから受け入れなきゃ、って流すのは余りに冷たいんじゃないか、とは思うけどね。

で、行こうと意気込んでいた広島戦は台風が近づいたせいで順延。月曜開催とか、笑うしかない。

でも、日帰りできない訳では無いので、行くことをまだ諦めてはいません。


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ


tags : サガン鳥栖 2014シーズン 

comment(0)  trackback(0)

2014 J1第18節 サガン鳥栖×名古屋グランパス@ベアスタ ~ 首位奪還

2014.08.08

category : サガン鳥栖

鳥栖 1-0 名古屋

※まさに記事をアップしようかという矢先に監督解任の報がありましたが、その件は置いといて・・・

IMG_6879.jpg

台風10号の影響もあって天候はすぐれなかったですが、気温が低く抑えられたことはこの季節では幸いしたかもしれません。
名古屋は負傷者が多く、メンバー構成に苦労しているとはいえ、永井、玉田(は余り目立たなかったか)、松田、レアンドロを揃えた前線は手数を掛けずに鳥栖のDFラインの裏をスピーディーに突いてくるため、前半は防戦一方でした。
ただ突破されてからを凌ぐ事が出来たため、試合が進むにつれて鳥栖の試合になったと思います。

全体を通しては中断開け後では一番良い形の勝ち方と言えるのでは無いかと思います。

今季の名古屋戦2試合を終えて感じたのは松本に移籍した田中隼磨の存在の大きさですかね。
佐賀陸での振る舞いを見て、余り良い印象を持って無いのですが、実力そのものは認めざるを得ませんからね。

永井、松田の突破に関しても、単純なスピード競争には持ち込ませず(とはいえ菊地は足は速いほうでしょうが)、上手くいなせたと思います。

楢崎は今回も当たっていて、前半から作っていたチャンスが中々ものに出来なかったのですが、得点シーンはCKからの流れでマークが曖昧になったところで安田がミンヒョクに入れたサイドチェンジに0.3点(か0.3アシスト)くらい上げたいです。あれだけ左右に振るとさすがに対応は難しい。

一方の木木は松田との一対一を止めてくれたのが本当に助かった。
クリアというかフィードが簡単に相手ボールになりがちだったのが少し気になりましたけど。(贅沢?)

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

tags : サガン鳥栖 2014シーズン 

comment(0)  trackback(0)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad