続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2013 J1第7節 サガン鳥栖×柏レイソル@ベアスタ ~ 止まない雨は無い

2013.04.22

category : サガン鳥栖

鳥栖 0-3 柏

※雨天につき写真なし

とても4月下旬に入ったとは思えない気温(7度だったらしい)と降雨の中での試合となりました。
試合中は役割上寒くは無いのですが、カッパは着られないので、終わってからはちょっと寒さが堪えました。
(ただ、翌日のJ2、JFLでは降雪による試合延期もあり、それよりは遥かにマシです)

前節広島戦の敗戦を受け、ピッチでの練習を中止してのミーティングも実施されたこともあってか、今節は前からの守備、玉際の強さをどうにか取り戻そうと懸命になっているところは伝わってきました。
攻撃に関しては、やはりトヨへのマークは厳しく、渡部と近藤にほぼ封じられる状況でしたが、その分池田、野田が高い位置でフリーになることも有り、そこを活かした攻撃は改善していたと思います。

それだけに前半早く、攻め込んでいた時間帯で逆に失点してしまったことが今のチーム状態には重かったです。

1点目は柏のファーストシュートであり、クレオの能力が存分に出たものですが、その前に藤田優人のアーリークロスをノープレッシャで上げさせた所、それに被ってしまった所は、厳しい目ではミスであり、今シーズンの失点の多さの一因だと思います。
また後半に柏が茨田を真ん中に置いてTJ、クレオ、工藤の3Topとしてから、鳥栖側はマークとポジションのズレが修正しきれなかったため、余計に走らされて疲弊し攻撃どころでは無くなった。
試合運びとしてネルシーニョの意図通りだったのが悔しい。

玉際に強く行くという意識は、激しい接触プレーを生んで、それらに対してのジャッジを鳥栖不利と捉えた不満の声が場内から聞かれていましたし、自分もそう思いました。
しかし後で見てみるとスパイクの裏を見せたタックルとかも少なくなかったです。
ルーズボールに対して気持ちで負けないということ、不用意なカードや負傷とのトレードオフは難しいところ。

ピッチの中のことは監督・コーチ・選手に任せるしかないですし、試合後のコメントでは前向きな、手ごたえを掴みつつ有るようなんで、とりあえず待つだけしか出来ないです。試合後もそう思って選手たちには声を掛けました。

ただ、広島戦でもそうだったのですが、今節も交代枠を残した事、これだけがどうしても解せません。
肘の負傷から復帰して久々の出場となった岡田からはサッカーをとにかくしたかった、という気持ちが溢れていたし、早坂からも中々前を向かせてもらえない中、どうにか変化をつけようという意図は感じられたので。

メディアは何故かそこを聞いてない。聞いて欲しい。
ただ、聞いててもカットしているだけかもしれないですが。

なんだか少し2010シーズンあたりを思い出したりもしたのですが、あれを乗り越えて今があるし、乗り越えられないとも今のところは思わない。
逆に乗り越えた先を想像すると気持ちが上がってきましたよ。

次の試合も、まずは「らしさ」を出してもらうところを期待したいです。
試合までに日数が無いことが逆にプラスになりますように・・・


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
関連記事

tags : サガン鳥栖 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。