続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

2013 J2第23節 ロアッソ熊本×松本山雅FC@うまスタ ~ 熱夜の一戦

2013.07.08

category : 松本山雅

熊本 0-3 松本



ほぼ梅雨明けに近い、九州の夏がやってきた中での試合でした。


待機列に現れたロアッソ君がしきりに頭を押さえてるんだけど、その前フリ?に応えたくなるのは関西人の悲しい性でしょうか・・・他クラブの試合なんで何もしないけど(笑)


今回も厚かましく松本側ゴール裏お邪魔しました。


今節は飯尾は負傷(手術リハビリ中)、地元の鐡戸もメンバー外ということで鳥栖OBの出場はありませんでしたが、余りそこらを気にしなくなってきた気も・・・
熊本の個人的な注目選手は矢野、堀米で、スタメンで出てました。


さて肝心の試合について

前半は両チームもサイドを基点に活路を見出そうとしていましたが、クロス精度の問題や、中の守備も堅く得点に至るシーンは余り無かった所、前半終了近くになって、シュートのこぼれに詰めた松本のカベッサが得点し、松本が先制します。
カベッサは守備も精力的にやっていて好印象でした。(守備さぼる選手は反町監督は起用しないだろうけど)

今季の熊本を試合を数試合見てきた感じだと、少し逆転は苦しいかもしれないと感じて入った後半は、運動量に差が出て、カウンターから松本が玉林、塩沢のゴールで加点。
特に2点目の船山→岩沼クロス→玉林のボレーの流れが熊本に対してはショッキングだったのかもしれません。
玉林のゴールは個人的には今節ベストゴール(おかげで玉林のコールが頭から離れない・・・)

熊本の攻撃はサイドまでの展開は後半でもそれなりに行なえているのですが、その時の後ろからのフォローや中への進入の迫力・フリーランに欠けているように思えました。
上手く行ってないチームは往々にしてそういうものだと言えばそうかもしれないです。橋本、堀米は疲れているのかな・・・
点差もありましたが、それ以上に一方的な展開にすら感じてしまいました。

(結局、この試合が決定的だったのか、吉田監督は7/10に解任となった)

もちろん松本の守備面での集中力が熊本の前線に仕事をさせなかったということになるのですが、3バックの左に入った犬飼智也(清水からのローン:U19代表)の働きが印象に残りました。
ミスも無くは無かったのですが、かつて遠藤航を育てた反町監督の元、次世代の日本代表DFとしての成長を期待したいです。


熊本は成績が振るわない中で、試合前のスタジアムの雰囲気は良く、ゴール裏からは試合中あきらめること無く応援を送っているのですが、やはり動員面での苦労は見られます。
ただ、これは鳥栖でも同じなのですが、一番の良薬は勝ちなのでしょうね。
池谷さんが代行に復帰し、誰が実質の指揮をとるのかにもよりますが、今一度ベテラン選手を中心にまとまれればこのままで終わるチームでは無いと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
関連記事

tags : 松本山雅FC 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad