続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

2014 J1第9節 名古屋グランパス×サガン鳥栖@瑞穂陸 ~ 何とか寄り切り

2014.04.28

category : サガン鳥栖

名古屋 2-3 鳥栖

IMG_6196.jpg

今季も5/10まで続くGW連戦がスタートしました。その大事な初戦です。
好天となった瑞穂は気温が25度くらいまで上がったそうで、今季初めて暑さと水分補給を意識ながらの観戦でした。
瑞穂陸は昔々、岐阜に住んでいたころに2回ほど名古屋の試合を見に行った事があります。
一番最後に行ったのは1998年のJEF市原戦だったはず。
その頃の名古屋はピクシー、小倉の時代でしたが、試合自体の細かいことは余り覚えてません(苦笑 
(記録によると3-0で名古屋の勝利)
当時は長良川でも開催されていて、そちらにも3~4回位見に行きました。
瑞穂では、道を挟んで隣のラグビー場でも試合が開催されていたはずです。
当時居た会社の同僚から誘われた時だけ行く、みたいな感じで、メインやバックで大人しく見ておりました。

という余計な話はさておき

名古屋は2013オフの選手放出に加え、シーズン開幕からこれまでに大量の負傷者が出ており、DFラインにFW矢野が右SBで、左CBにMFダニルソンが入るなどの急造スタメンで、控え選手が一人足りない状況ですらありました。

ただし、まだそこは名古屋の選手層の厚さというか、普段は余り見ることはなくとも名前は知っている選手でスタメンは組めてます。
2トップに入った永井、松田が共にスピード系で、特に永井には過去もやられてますから、今日も簡単な試合では無いことは覚悟してはいましたが・・・

いざ試合になると、名古屋の選手の寄せ・プレッシャーが速く、最終ラインも闘莉王が踏ん張り、中盤から先がなかなか自由にプレーさせてもらえません。
ボールを奪われると永井と松田を走らせて鳥栖のDFラインの裏を執拗に狙われます。
分っていても中々ボールの出所を押さえられず、次第に鳥栖はラインを下げコンパクトさを欠き、攻撃時のミスからショートカウンターを食らうという形を再三作られます。

しかし先制したのは鳥栖でした。
ミヌのクロスをトヨがダイレクトシュートで逆サイドギリギリに叩き込む。
余り見たことが無い形といいますか、甲府戦のように、どこからでもゴールを狙う姿勢、気持ちが乗ったゴールでしたね。
ほんとブラジルに連れて行ってもらえませんかねえ・・・

ただ先制されても名古屋のやることは変わらずに、前線の落としが少し雑になったところからつながれ、抜け出した枝村を倒してPKを与え追いつかれます。
こっちのゴール裏から見ているとダイブっぽく見えましたが、後で反対からの映像見たら手で押してましたね。
このシーンはどのみち1点だったかもしれないです。

さすがに前半飛ばし気味だった名古屋の選手のプレッシャが、後半は永井を除いて(永井の走力は凄いね)、少し弱まったところで、ペナエリアに侵入した池田が上げたクロスが闘莉王のハンドを誘いPKゲット。
これは取る人も取らない人もいるかな~という判定でトゥーさんはかなり激怒。
このPKをミヌが決めて再びリードしますが、「今日このままじゃ終わらんだろ・・・」と思ってしまい、またそういう予想は当たるものです。
DFラインの裏を取られることは変わらず、永井が木木の頭を超えるループ、これはゴール上に外れますが、次にはクリアしたボールのバウンド処理を上手く出来ず永井に押し込まれて同点に。
このシーンは、正直擁護のしようも無いんですが、終始裏を狙われてて、集中力をすり減らしていたのでしょうか・・・
次の試合も近いので、文字通り「切り替えて」もらうしか無いです。
過去の試合で守備陣がチームを救うプレーを数々見せて来たように、今後もどこかの試合でまたチームを救ってくれるプレーを見ることが必ず出来ると期待し、信じております。

しかし、これまで勝利試合ではゼロ封でしのいでいた守備陣に、この試合では攻撃陣が応えてくれました。
ATに入って、FKからトヨのシュートはバーを叩いたものの、それをもう一度繋ぎ、丹羽のクロスに合わせたタニのヘッドが楢崎の手の先を抜けてゴールインし三度突き放す、まるで2011シーズンのガンバ戦(@万博)を髣髴とさせるような劇的勝利となりました。
丹羽がクロスをダイレクトで入れた判断も、ボールも良かったし、ゴールのみを考えて飛び込んだ谷口の勇気もすばらしかったです。
それにしても当ブログ管理人のAway勝率はかなり低いのですが、万博といい、こういう劇的な試合を見ることが出来る変な運は持ってるかもしれないです。

連戦の初戦に心身共に消耗する試合をしてしまったことが、広島→清水→柏と上位チームとの試合を迎えるには不安要素でもありますが、ホームゲームが多いことを最大限に活かして乗り切ってもらえれば・・・

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
関連記事

tags : サガン鳥栖 2014シーズン 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad