続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

2014 ヤマザキナビスコカップ Aグループ第4節 ヴィッセル神戸×サガン鳥栖@ノエビア ~ やや下り傾向

2014.05.22

category : サガン鳥栖

神戸 3-2 鳥栖

トヨとミヌがブラジルW杯代表の予備登録入りした関係で出場が出来ずメンバー変更がありましたが、二人以外は大宮戦のメンバーと同じような陣容で臨んだ試合でした。
ただ、負ければほぼ後が無くなる試合の割には中途半端なスタメンだった気がします。
二人が抜けた影響は確かに有りましたが、前半はコウタ、早坂も気を吐いていたので、そこで先制でも出来ていればゲームプラン通りだったのでしょう。
ただ、チーム全体としては、リーグ2位に居るとは思えない、集中を欠いたプレーが散見され、内容も凡庸となってしまったと思います。
あと、焦りなのか苛立ちなのかを相手選手にぶつけるかのようなファウルが見られて来てるのも個人的には感心していません。

ともあれ、これでナビスコ杯は残り3試合を残すものの、今季もノックアウトステージへ進むことはほぼ無くなりました。

神戸はペドロ・ジュニオールが出場していませんでしたが、マルキーニョスがポスト役など懐深いプレーで捕らえどころが無かったのと、神戸の若い選手達、森岡、小川、松村、大屋の確かな存在感を感じました。
森岡が後半に見せた、なんとか足元のボールを狩ろうと狙ってくる鳥栖の選手を交わしながらキープする様は見事でした。
一昨年にJ1で対戦していたときから比べると、生え抜きのベテランと若手、実績のあるベテラン、能力の高い外国人選手のバランスが良いチーム構成になっていました。
これに恐らく7月の再開時にはシンプリシオも復帰して来そうで、手ごわいっすわ。

そして、播戸との接触プレーで頭から落下し後頭部を強打して、交代を余儀なくされた神戸GK山本の負傷が少しでも軽いことを願います。
あのシーンは、播戸の元々のプレースタイルもあるし、クビを振ってGKを確認しようとしていたように見えなくも無かったので、決して故意では無いと思いますが、反面、追い方から見ると避けることも不可能では無かったのでは、と感じてはいます。
長期の負傷から復帰し、彼らしい取り方で2ゴールしてくれた事は、今後に向けては明るい材料ではありますけど・・・

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
関連記事

tags : サガン鳥栖 2014シーズン 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad