続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

2014 J1第19節 サンフレッチェ広島×サガン鳥栖@エディオン ~ 行って良かった

2014.08.12

category : サガン鳥栖

広島 1-0 鳥栖



広島に対するサポーターを含むクラブ全体としての苦手意識を改めて感じさせられた試合でした。
広島は負傷者等が多く、前節で鹿島に大敗しているのを見ても本調子では無さそうであり、ビッグアーチでの初勝利のチャンスでした。
しかしそんな状況で広島の選手はいつもの華麗さだけでなく泥臭く守って、鳥栖のミスを誘発し、そこからは武器であるキレのあるカウンターを繰り出してくる迫力は変わらず、そこを鳥栖の選手は「過剰にリスペクト」していたかのように見えました。
それを打ち破る、こじ開けるための「勇気」と言えるものが希薄に感じたというか

前半のシュートはゼロ
試合全体を通しても2本

これはちょっとね・・・

監督交代の影響については有ったのか無かったのか、自分には明言は出来ないです。
ただ、皆無と言うことは「絶対に無い」とは思います。
この試合の意味合いを考えると、いつもよりももっと「泥臭く、原点に返ったプレー」は見せて欲しかった。
まあでも彼らも人間だし、今回ばかりは見えない鎖に縛られた事が有ったとしても仕方ない気はする。
(けれどこの試合に関しては・・・ 以下無限ループ)

メグさんの初采配に関しては、結果に関してはともかくも、準備期間の無さを考えると内容について色々と論評するのは意味が無いと思います。
そこは信じたいというかそれしかない。
そしてメグさん自身も自分の選んだやり方を信じて、選手と一体になってもらいたいと思います。

今回は色々ワケありな遠征ってのもあったため、楽器なしで久しぶりに90分間声出しに徹しました。
鳥栖のゴール裏に行き始めたころからすると、昨日のような難しい日程になっても現地に来る人はかなり多くなったけど、それでも少ない人数の中で声を途切れさせずに出すことで何だか初心に戻れた気がします。
反面、その中で見えたこと、今後に活かしたいと感じたことも結構ありましたね。
それをどう反映していくかが、いつもの課題でありますが・・・

苦しい試合展開ではサポーター側も落ちがちになるのをお互いにどう鼓舞して踏ん張る事ができるか、ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ


関連記事

tags : サガン鳥栖 2014シーズン 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad