続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2014 J1第27節 サガン鳥栖×横浜Fマリノス@ベアスタ ~ 鳥栖らしく躍動

2014.10.20

category : サガン鳥栖

鳥栖 1-0 横浜FM

横浜は体調不良だという中村をはじめ、斉藤、ラフィーニャ、小椋、栗原と離脱している選手が多く、メンバー構成が苦しいようでしたが、とはいえ選手のレベルは高いため試合そのものは拮抗していました。
サイドの攻防では鳥栖が勝っていたように見えたものの、逆に左サイドが空いた時はそこを使われチャンスを作られます。
先制のシーンもそんな流れから佐藤にあわやのヘディングシュートを打たれています。
ただそれをライン上で丹羽がクリアしたところからのロングカウンターが見事に決まってしまう、これまたサッカーのわからない所です。こんなカウンターを完遂出来たのは久々に見ました。

ケイがドリブルで持ち上がる判断がまず良かったのと、逆サイドをフリーランしてスペースと時間を生んで精度の高いクロスを送ったコータ、そして上手くエリアに侵入したトヨとミヌのハーモニーは今季一番だったかもしれないですね。

その後、三門もおそらく負傷で交代したこともありますが、後半も押し気味であったものの、藤田、矢島の投入で横浜の圧力が増し、特に矢島のほぼファーストプレーでバウンドしたボールを押し込まれそうになった時は肝を冷やしました。

そしてその虎の子の1点を全員で守りきるという、いわゆる「鳥栖らしさを」表現できた試合でありました。
勝ったこともですが、その事が嬉しかった。
最近、得点が入ったときに当然自分も喜んでいますが、周囲の人たちの喜んでいる様子を見ているのも好きです。
シーズンが終わるまで、もっともっとそういったシーンを一つでも沢山見たいものです。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
関連記事

tags : サガン鳥栖 2014シーズン 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。