続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

2015年 ナビスコGL第5節広島戦&J1第13節川崎戦 ~ 3バックは嫌い

2015.05.25

category : サガン鳥栖

名古屋戦からまたスパンの短い連戦が続いています。

まずはホームでのナビスコGL広島戦
終盤の吉田のスーパーミドルで1-0の勝利。
2012年ホーム同カードでのコータのミドルに匹敵するゴラッソでした。
メンバーを相当入れ替えて望みましたがポイントは左SBに入った磯崎とGK藤嶋だったと思います。
イソがいきなり黄色を貰ったり、藤嶋がバウンドしたボールを見送ったり(わざとか?)とゾワっとする場面もありはしましたが試合は作れてたと思います。
スタメン出場した鎌田は、低い位置だと良さが発揮できていないように見えましたが、吉田のゴールにつながる流れの初っ端は高い位置に上がった彼からでした。現時点での適正はトップ下なのでしょうか。
広島もメンバーをかなり入れ替えていましたが、ボランチに入っていた茶島には上手くコントロールされた感があります。
両ワイドへ通されて出来る1対1を吉田、磯崎はどうにかこなしては居ましたが、前述のようなファウルで止めざるを得ない場合もありリーグ戦だとどうなるかわからないです。
この試合勝ったことで、決勝トーナメントへの可能性が数字上は残りました。

そして5月23日の川崎戦(アウェイ)ですが、こちらは先行されて追いかける展開で、2-3で敗戦しました。
鳥栖ペースで進めていた(ように見えた)前半の時間帯で逆に先制されたのが結果としては試合の流れを左右しました。
今更ワタクシが書くほどのものでも無いですが、川崎が3バックにし左右ワイドを置いた時点でどうしてもサイドが数的不利となり、この試合では丹羽のサイドでの侵入を許すこととなりました。
川崎は割り切ってシンプルにロングを入れてきたりも柔軟にしますし、何故最初から3バックをしなかったのかと思う位はまりました。
左ワイドに入った武岡が、元々実力のある選手ではありますが、明らかに古巣相手で発奮していましたね。くそーw
でも、もう何か彼については過去のいきさつは吹っ切れたというか、鳥栖相手以外でも同じくらい活躍して他のチームを苦しめてくれればそれで良いかなと思っています。
両チームのストライカーは持ち味を出していたので、こういう試合こそモノにして欲しかったんですけどね。
まあ、川崎もホームで長く勝ってなかったようで、これも仕方ないか。

J1でも3バック(3-4-2-1)を採用するチームが増えてきて、鳥栖は走れない時間帯になった途端に苦戦することが多いです。
松本監督が4バックをほぼ固定しはじめたころから伝統的に3バックを苦手にはしていますが、ゲームと違いますのでシステム変更をいきなりしてハマる可能性はほとんど無いでしょうけど、そこは監督に知恵を絞っていただきたいところですね。
後半でも走れていれば相手のシステムは関係ない試合していますが、今年から集計されている走行距離では鳥栖はそう多くないのに早い時間に足が止まる時があって、そこが依然として気がかりです。
クラブの三期連続赤字の可能性も心配されていますが、勝ち点も積み上げておかないことには話にならないですしね。


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

関連記事

tags : サガン鳥栖 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad