続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

2015年 J1第14節 サガン鳥栖×浦和レッズ@ベアスタ ~ 久々のホーム大量失点

2015.06.01

category : サガン鳥栖

鳥栖 1-6 浦和

いやーこっぴどくやられました。
ホーム・アウェイ問わず、点差以上の完敗という試合も結構見てきましたが、ホームでここまでスコアが開いたのは久しぶりだなと思い調べたところ2007年第10節の湘南戦(0-5負け)以来でした。
もしかしたら、こういう試合は初めて見たという人が結構居るかもしれません。
実は、当ブログ管理人も調べるまで、同じ2007年開幕戦の福岡戦(0-5)以来だろうと思っていました。
(注:アウェイではコレくらいの失点はちょいちょいあります)

家本主審の基準云々もありますが、吉田への黄色二枚は、後にスカパー録画で見る限りは出ても仕方ないと言えます。
現場では不満に感じましたが、一人減ってから、結構危険なタックルもあって、もっとカードが出てたかもしれない。
終了直後のブーイングは、チームに向けてか?と最初は思ってました。

早い時間から一人少ない状況を強いられる羽目になりましたが、コータのFKからのゴールで先制したことで、チームとして残り時間やることははっきりしたように見えました。
実際にミヌを左SBへ下げ、圭を左SHに移してブロックを形成し、前線でトヨが身体を張ってファウルを貰うという前半はほぼ完璧な試合運びだったと思います。

しかし後半の浦和の修正が実に的確で、宇賀神と関根の両ワイドを張らせて鳥栖のブロックを広げ、プレッシャーが掛からない阿部と柏木を基点に自分達の強みを活かし自信を持って真ん中を崩して来ました。
鳥栖の守備は後半開始から曖昧になり、武藤のゴールで追いつかれたシーン、その後の柏木の逆転ゴール、興梠の3点目まで立て直すことが出来ず試合はほぼ決まってしまいました。
追いつかれた後、交代を重ねて懸命に攻めようとしますが、結局守備が嵌らないことには鳥栖のサッカーにはならず、後半はシュート0に終わり、浦和にはカウンターから更に3点を追加されてしまいました。
もう少し上手くやれないもんかという不満は間違いなくありましたが、今季は足が止まるのが早いので、もしかしたら同数であっても点差こそ違えど結果は変わらなかったかもしれない・・・
何だか浦和というより、広島にボロカスにやられたときを思い出すような、そんな負け方でした。(そういうのを目指して来たわけなので当然なのだろうけど)

ただ、こういう試合だからこそ、ピッチ内の人数が足りない分、何とか後押ししたかった。
先制したこともあって前半は割と上手く出来ていたと思います。
後半の入りから失点に至るまでの悪い流れの時間帯に見入るだけになってしまったのが、選手に申し訳無く悔しくあります。
その後、失点を重ねようとも試合終了まで頑張れた人が多かっただけに尚更リードする側の持って行き方の問題を感じました。

しかし浦和に負けると、どこのスタジアムであろうと試合後はやりたい放題やられて、わかってはいても胸焼けしますね。
セカンドステージでしっかり熨斗つけて返さないとね。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
関連記事

tags : サガン鳥栖 2015シーズン 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad