続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

2015 J1 2ndステージ第5節 サガン鳥栖×鹿島アントラーズ@ベアスタ ~ 惨零

2015.07.31

category : サガン鳥栖

鳥栖 0-3 鹿島

IMG_94155.jpg

前半はダヴィの抜け出しに冷や汗をかく場面があったものの、のらりくらり守りながら、サイドで基点が出来ると相手ゴール近くまで持ち込むこともありましたが、シュートは試合を通して結局3本。
これでは、やはり勝つことは難しいです。
鹿島の前節を見ていると、正直な所0-0で終わっても上等(ホームだからホンマはダメ)かなとすら思っていましたが、後半に赤星とミンヒョクが接触するというアクシデントで赤星が負傷交代を余儀なくされてから集中が乱れてしまい、あとはなすがまま。
鹿島の鹿島たるところを堪能できた試合ともいえます。

赤星の出足が遅かったのでミンヒョクが行ってしまったのでしょうが、湘南戦でもあったこのようなアクシデントは、試合を難しくしてしまいます。
赤崎が何故かファウルになってたのが気の毒でした。

湘南戦では特別指定の永石君がGKのサブでしたが、今節は藤嶋が入っており、急いでアップを済ませ交代するも、柴崎のシュートが決まって完全にリズムに乗れずじまい。あのスピードでDFの股を抜いてきたシュートは反応も難しい。
アップ中に右ひざに厳重に巻かれたバンテージを見ていたので、藤嶋を責める気にはならなかった。
2点目なんて、DFが完全に赤崎のマーク外してるし。

試合を見ていると確かに選手は疲れてますから、監督の言う「連戦が」というのはそりゃそうですがねと。
でもどこのチームもほぼ条件は同じだし、一応ホーム連戦です。
ガンバ戦も多少ターンオーバーしてましたしね。
だったら単純に早く動けば良いかというとそうでもなく、控えの選手には控えだという理由があることも垣間見えるだけに、何とも言いがたいですね。
ミノルは交代したときのスタンドの期待感が凄かったが、そのすぐ後に中断があったりで試合に入れずじまいの不完全燃焼だったが、もう少し長く見たかった。
山崎は・・・ どんな意図を持って、あの時間の投入だったのかな?本人には最初の1プレー目を大事にして欲しかったかな。

あと監督、試合終了後の挨拶は、ちゃんとスタンドの方も見た方が良いとおもいますよ。
今の所はまだまだ貴方にも一縷の望みを持ってる人はいますよ。
当ブログ管理人は違いますし、他の人もこれからどうなって行くかは知らないけど。


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
関連記事

tags : サガン鳥栖 2015シーズン 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad