続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

東アジア大会 日本代表×韓国代表@武漢体育中心 ~ 歴史的な日

2015.08.09

category : サガン鳥栖

日本 1-1 韓国

IMG_9519.jpg

日本代表に藤田、韓国代表にミヌ この二人の生え抜き選手がスタメンとして出場しました。
この歴史的な日に現地に行けなかったのが残念(一つの条件を除いてクリアしていた)でしたが、試合時間には間に合ってリアルタイムで視聴できてよかったです。

藤田はボランチの一角でしたが、普段鳥栖の試合なら顔を出すタイミングでしかるべき位置に来ないのでどうしたのかな?と思っていたところ、アンカー気味に韓国のチュ・ジェソンのマークをしていたようです。
普段と少し役割は異なりますが、落ちついて試合に入り、臆せずに体をぶつけてしっかり韓国の攻撃の芽を潰すところは上手くやれていたと思います。
残念ながら、全体的に低い位置でのプレーで、攻撃のスイッチを入れる役割は殆ど果たせておらず、本人も述べていましたが、良さをすべて出すところまで至りませんでした。ロングスローの機会もありませんでしたし。
フルタイムのプレーがハリルホジッチ監督の目にどのように映ったかはわからないですが、個人の良さを出していくには、チームの中での連携、信頼関係をあげていくしか無い部分なので、出来たら中国戦にも起用してもらえればと願っているものの、他のボランチの選手のプレーも見極める必要があると思うので、難しいところです。

ミヌは左SHとしてのプレーで、、CKを任されていたり、森重のハンドを誘発するなど見せ場は結構ありました。
ただ後半は若干消え気味であったり、余りサイドを切れ込んでのプレーなども無かったりと、こちらも完全に出し切った印象は受けませんでした。
前半の藤田へのレイトタックルは「こらこらこら~w」と思いましたが、藤田も分かっていて体を入れていたとのことで、鳥栖の所属選手が鳥栖らしさを見せた1シーンであったと言えます。

どうも韓国側にもJリーグの選手も多いせいか、夏場のJリーグの試合をそのまま持ってきたような試合で、どちらにも課題を残す試合だったと思います。試合としては日本に勝ってもらいたかったですが・・・

この試合を分けたことで、連覇は無くなりましたが、テスト的な要素も強い試合なので、中国戦では内容も結果にも得るものがあることを願います。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
関連記事

tags : 日本代表 サガン鳥栖 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad