続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

2009 J2 第34節 サガン鳥栖×東京ヴェルディ@ベアスタ ~ 必要なのは意外性

2009.08.17

category : サガン鳥栖

鳥栖 0-0 東京V

第1クールのホーム水曜ナイターみたいな、疲労感を残した試合運びに戻ってしまった感が。

勝ち点1貰ったこと以外だと、浅井が頑張ってた(シュートも外してくれてたけど)のと、
土肥に片足一本でセーブされたトジンのシュート、高地のドリブル突破の他には
これといって無い試合やったかも。
土肥って、2005年J1最終節のセレッソが優勝を逃した試合からイマイチ好きじゃないんやけど、
このシーンは正直うならされました。
この試合は両GK、DF陣のアピール試合やったかもしれません。
ヨシキのコメントでは「ブロックを作って守れたけど、ウチらしく無い。」という内容だったけど、
逆に取ればあれだけしっかりボールを繋がれて、回されても無失点で終えたというのは、
ヴェルディがシュートを外してくれたというのを差し引いても、決してネガティブなものではないと思う。

マイクにマークが集中するのはともかくも、相方のFWまで消えるのはどうも湘南戦での廣瀬だけではなかった。(それにしても久々に登場した野崎の負傷がつらい・・・)
点取り屋としてではないが、前線でキープの出来るFW山瀬の存在感が改めて浮き彫りになっていて、その意味で山瀬の補強は効果があったことがわかる。
マイクの加入時にはあった「異物感」が敵味方共に薄れて来て、攻撃に意外性が乏しくなって来たかな。
去年も藤田ががっちり押さえられた時に相方FWや2列目以降のフォローが無くて何も出来ない試合が少なくなかったけど、その点はまだまだ改善されてない。
「あいつら何してくるかわからん」といったような怖さが足りないというか。

次節は札幌戦
第2クールでは高地の飛び出し、内間のヘディング折り返しからのゴールと、レアな攻撃シーンで逆転した、今季のターニングポイントとも言える試合をした。
試合を支配されても結果はこちらに引きずり込むような泥臭さを出して、第3クールのスタートとして欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
関連記事

tags : サガン鳥栖 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad