続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

横浜FC×サガン鳥栖(アウェー)

2008.03.24

category : サガントス

鳥栖はスカパーの映像が時々途切れる位の雨だったが、横浜FCのホーム、ニッパ球(三ツ沢)は良い天気で、芝生の緑に鳥栖の新アウェーユニが美しく映えていた。
いいなーアウェイユニ、早く買おう。。。

横浜FCのチームカラーは水色なので、ホーム側の観客席が写った時に「鳥栖サポもぎょうさん来てんのか?」って一瞬だまされた(笑

三ツ沢はかつて旗の台に住んでた時、2006シーズンに初めての関東アウェーゲームを観戦した記念の地
ここもスタンドとピッチが近くて臨場感が有った事を覚えている。
足達監督が1戦だけでクビになり、"アジアの大砲"高木氏が監督になった試だった。
そういえばその試合はスコアレスドローだったな・・・
などなど思いながら試合開始を迎えた。
サガン鳥栖は金信泳が復帰し、目下売出し中の谷口賢三との2トップ
横浜は昨季、サガン鳥栖に在籍していたアンデルソンと、昨季JFL得点王の御給匠との2トップ

横浜FCは山形、セレッソと違い、余り前からプレスして来ないのもあり、サガン鳥栖が主導権を持ってゲームを進めてたかに見えたが、最後の一手はどうにも決まらない。

一方の横浜はゆったり構えて絡め取り、長めのボールを2トップに当てて来る、現実的サッカー。
これまで爆発していたアンジーも、今日に限っては御給との連携も今ひとつでCBの加藤にも上手く対応され、昨年並みの怖さだったかな。
御給の惜しいシーンも合ったが、こちらも決め手を欠いていた。

後半、サガン鳥栖は少し運動量が落ち、中盤でのプレスが緩い時もあったが、高地が積極的にゴール前に顔を出し、惜しいシーンを2回ほど演出。
これは山卓あたりに上手く対応され決め切れなかった。

横浜もカズやチョ・ヨンチョルが崩しに掛って怖さも感じたが、こちらもどうにか凌いで失点を防ぐ。
シバコはドリブルで突っかけて来るタイプのアタッカーには、DFが後手に回る気がしてPK取られないかヒヤっとすることがあるけど、、、気のせい?

どちらも勝ち点3が欲しい所での痛み分けとなったが、岸さんも言ってるように、こういうゲームを
どうにか寄り切る強引さのようなものが出てくると、上位で安定するんかな。
AUTHOR: zingtang EMAIL: URL: IP: 220.61.22.136 DATE: 03/25/2008 06:59:53 >kuraheiさん そういや高木就任の試合はサポータが応援拒否もしてました。
関連記事

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad