続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

2012 J1第2節 ジュビロ磐田×サガン鳥栖@ヤマハスタジアム ~ 顔見世は終わり

2012.03.19

category : サガン鳥栖

磐田 2-1 鳥栖

iwata1.jpg 

磐田のホーム開幕戦ということで、ダンスやトライアルバイクのパフォーマンスと花火(これはかなりビビったぞ)などのイベントもありましたが、印象に残ったのが選手紹介
犬塚がサブメンバーに入っていて、その紹介の時に場内から拍手が起こっていたのですが、場内アナウンサーが次の選手をコールするまでに結構間を取っていて、場内の雰囲気が良かったのです。


さて、試合の方ですが、開始から磐田にひたすらポゼッションされ、左右に振られるも集中して守備をしていた中で、カウンターから豊田のゴールで先制し、今季のそしてJ1での初得点を得ました。
こういうカウンターからの得点は、鳥栖にとっては逆に珍しいようにも思いますね。

その後、先制した時間が早いこともあって、攻守の意識の微妙なずれも有ったのか、バランスを崩しかけ、山田のシュートがDF二人に当たって赤星の届かないところに転がるという不運とも言える失点で追いつかれてしまいました。
そして前田にいい位置で与えたファウルから駒野のFK弾で逆転を許してしまいます。
これも目の前で見ていましたが、個人的な記憶ではリャン・ヨンギにベアスタで決められた奴以来のゴラッソだったと思います。(マッチデーJリーグのベストゴールでした・・・)
前田は一人で抜け出せないと見るや最悪でもファウルを得るという仕事を果たしており、FWとしての力量をうかがえはしましたが、代表FWがそれではちょっと困るよと思ってた矢先の失点でした。自分の考えが甘かった。

後半は前半より割り切った攻撃をした結果、挽回したかにも見えましたが、チョ、藤田の両CBを中心とした磐田のDFラインを破綻させることは出来ず、そのままのスコアでタイムアップとなりました。
金沢の所をもう少し早く狙えていれば・・・

選手は戦えていたし、失点自体は崩されたものでは無かったですが、失点しなくとも崩されてフィニッシュまで行かれたシーンもあったわけで、正直なところ、得点差以上の差は感じました。
しかし上手く言えませんが、悔しいけども悲観や絶望という負の感覚は無かったです。

第1節で勝ち点を、第2節で得点を得たわけで、これでJ1での顔見世は済んだと思います。
試合後の選手の表情を見ていても、悔しさが十分伝わってきましたが、自分たちの持っている力、出来ることに自信を持って、どの試合も勝ちに行こう。
1つ勝って、また鳥栖の歴史を1ページ作ろう。


今回のアウェイツアーのあれやこれやは、別途書きます。
道中のほとんどは、あいにくの雨天でしたが、中々楽しめました。


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ


関連記事

tags : サガン鳥栖 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad