続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2012 J1第30節 アルビレックス新潟×サガン鳥栖@ビッグスワン ~ 地に足をつけた勝利

2012.10.29

category : サガン鳥栖

新潟 0-2 鳥栖

昔、スキーで行った以外には初めて新潟へ足を踏み入れました。

b-swan03.jpg b-swan01.jpg b-swan02.jpg

ビッグスワンのこの造形、建造物としてはかなり好きです。


試合前にフードコートを満喫し、ビジターゲート付近でまったり待機していると「史上最大の入り待ち」へと向かう新潟サポーターが、行きがけの駄賃に「跳ばない奴はサガン鳥栖」での熱烈歓迎を織り交ぜながら、意気揚々?と行進して行った。
あのさ新潟の運営さんよ、コンコースを通行止めとかしてる割には、この動線はまずくないか。
どうせ鳥栖だから大丈夫だと思ってたんでしょう。まあ大丈夫だけど。



まだまだ余裕があるのか、いや、せめてもの強がりか。

まあしかし、既に完成したクラブを移転させたのではなく、地元クラブを中心に発足させ、地方都市にあっても一定の動員力を誇り、日本代表選手も輩出し、9年もの間主力を毎年のように引き抜かれてもJ1に残留し続けたクラブですら、昨今の現実は厳しく、全く他人事ではない。
どこかに、そのやるせない気持ちをぶつけたくなるのもわからないではないです。
その気持ち、肝心の選手たちに伝わってると良いですね。


鳥栖サポーターはというと、ビジターシートでの準備を整えた後、恒例の売店のおねえさん方とのトークも楽しみつつ、これまたアウェイ恒例ともなって来た「1分間ミーティング」でリラックスムードの中にも1本ピシっと気持ちを入れ、心も整えて試合に臨みました。
(そういえば、長谷部がやっと試合に出られるようになりましたね)

残留への大一番でしたが、さすがに新潟の地ともなると、諸事情によって、来られるサポーターの人数は少なくなってしまい、与えられたスペースも狭かったですが、それでも結構いい応援になったのではないでしょうか。

勝ち点が取れるなら、俺らはいくら煽られようと、どこへ行っても地に足を付けて戦うのみ。

【追記】・・・と思ってたが、試合後の新潟の街では、何やらあったようで。これじゃ人の事言えませんわな。
【12/10/29】サポーターの皆様へのお願い (新潟戦における苦情の件)

ああもう!台無しやんけ!

【さらに追記】
 その後、該当記事が削除されて、別の記事になってしまっている。結局何だったの?
  


さて肝心の試合ですが、3連敗を経て鳥栖の選手たちは原点に戻った試合運びを進めてくれました。
決起集会(焼肉)の効果もありましたかね?

前線ではトヨ、圭だけではなく、久々にスタメンで左SHに入った野田の所でも、彼のトラップ技術の確かさで基点が出来、課題の左サイドの攻防でもある程度優勢に立てたことが、結局守備にも好影響となって現れました。
宏太も変わらずのキレの鋭さで得点に絡み、突破からの惜しいシュートも。
贅沢かもしれないけど、久しぶりに彼が得点して、喜びの余りにズッコケるところまでを見たかったな。

とはいえ、開始直後にクナンが対応をミスしてロペスにサイドを破られた所、引きすぎて三門のミドルを食らった所などでかなりキモを冷やしましたし、後半に鈴木、酒井の2枚替えでは守勢にも立たされ、鈴木や矢野の至近弾も受ける展開も。
赤星のセーブや、丹羽のクリアも出たので、あわや難を逃れたシーンも少なくなく、一歩間違うとどう転んでいたかはわからなかったともいえます。
それだけに、この試合は無失点でという所にもこだわって欲しかったし、選手たちもそこにこだわっていたように思います。

そして、後半40分、ついにその時は来た。

PSMガンバ戦で膝を負傷し長期離脱を余儀なくなれた木谷が野田と交代出場。
彼にとって初めてとなるJ1のピッチに立ち、磐石の5バックを披露し久々の無失点での勝利を達成しました。

8ヶ月、本当に長かったと思います。
彼の言うとおり、これから、残り試合も、来年もその先も、もっともっと活躍して欲しいです。
いつかスパイクを脱ぐその日まで、ずっと鳥栖で。


今回の新潟戦で、当ブログ管理人の今季のアウェイ行は一旦終わりとなります。(マリノス戦は可能性ゼロではないが)
J1になって土曜開催の日程に苦しんだことプラス、遠いところが多くて、かなり経済的に疲弊しました(苦笑
しかし、30節を終えた時点で、アウェイ3勝のうち、2勝を見ることが出来たのは、かなり恵まれた方では無いかと思います。
そのうち1つは誕生日のガンバ戦大逆転だし。
星取りは2勝4敗2分けの勝ち点8 得失点は-2、まあまあ残留にも貢献できた(笑)でしょう。

さあ、来年はどのアウェイに行けるかな。今から楽しみ。


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

ああそういえば、スカパーの解説が玉乃淳氏だね。録画見てないけど、それも楽しみだ。
関連記事

tags : サガン鳥栖 アルビレックス新潟 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。