続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

川淵キャプテン講演会

2012.11.02

category : サガン鳥栖

(株)ブリヂストン、(株)サガン・ドリームス共同開催 (公財)日本サッカー協会 最高顧問 川淵三郎 氏 特別講演会のチケットを頂いたので、参加してまいりました。

過去にはクラマーさんの講演会に行きましたね。去年の岡ちゃんは行けなかった。


お話の冒頭で、感極まられるシーンがあって少し驚きました。
鳥栖は「出来の悪い子」だったと、それがよくぞここまで来た、と・・・


その後、東京五輪のころからの日本サッカー界の沿革について、入場者数、放映権料やクラブ予算などの比較を交えながらのざっとしたところを話されました。
強調されていたのは、サッカーだけではなく「スポーツ」を通じて地域の活性をというところでした。
(当時、サッカーだけだと話が進めにくかった、というのがホンネかもしれないですが)
そういう意味ではまだJクラブが地域のスポーツクラブとして、地域の人たちがスポーツを楽しむ、というところまでには、まだなっていないのかもしれません。

鹿島アントラーズのJ入りの話(15,000人収容の屋根つきサッカー専用スタジアムを作れば入れると言った)からすると、鳥栖の成り立ちに対しても、やはり鳥栖スタジアム(当時)の建設というのは大きかったのだと思いました。
決して理念だけでは出来るものではなかっただろうし、裏には色々あったでしょうけど、その理念も何もなければ何も生まれなかったわけで、過去、クラブ誘致に関わった方々、その後クラブをどうにか継続させ、守り続けた方々への想いを馳せる機会となりました。

今の鳥栖は幸いながら経営基盤も整い、スポンサー企業様の支えもあって念願のJ1で戦う機会を得るところまで来ています。不安定な時期であっても、その時その時に関わった方々が居たわけです。
今の成果に乗っかるだけとか、かえって足を引っ張るとか、過去に関わった方々へ顔向け出来ないということだけは無いようにしないといけないな、と。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ


これが育夫さんとの対談とかでも面白かったかもね。
育夫さんが鳥栖に来たときの経緯とかの話とか。さすがに無理でしょうが。
関連記事

tags : サガン鳥栖 Jリーグ 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad