続・旗の台日記 ~Diciassette~

サガン鳥栖とサッカー、その他日常とかを適当に

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

zntn

Author:zntn
サガン鳥栖ゴール裏鳴り物その他

最新記事
最新トラックバック
ブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
FC2ランキング

2013 J1第4節 ジュビロ磐田×サガン鳥栖@ヤマハスタジアム ~ 強さと脆さ

2013.04.01

category : サガン鳥栖

磐田 3-3 鳥栖

トヨがハットトリックと、本人も意欲を見せる代表入りにアピールはしたのですが、やはり勝利が欲しい試合でした。


前半は磐田の左WBに入った山本康が目立つ展開で、山田との連携でサイドを再三侵食されました。
丹羽が川崎戦での負傷交代から復帰してきてくれましたが、少し感覚がつかめていない対応も散見されます。

しかし、早い時間帯に左サイド深い位置でのコータの技ありのキープからのクロスをトヨがファーで叩き込み鳥栖が先制。
それだけではなく、藤田のCKからトヨが2人のマークもモノともせずに叩き込んで0-2とリード。

ただ、その後も磐田の左サイドからの侵攻は止まらず、CKから山田に渡ったボールを見事なミドルで叩き込まれて1-2
その後トヨがチョ・ビョングクとの競り合いで首を痛めて担架で運ばれるという、嫌な流れで前半を終了します。

2点差よりは1点差の方が、守備陣は引き締まるかな、と考えもしましたが、昨季の対戦と同様、トヨはいいイメージを持ってチョと対決していたのでコレはこまったなと。
(解説の田中誠氏はチョの守備対応を誉めていることも多かった試合でしたが、肝心な所ではほとんどトヨが勝ててた)

後半開始でトヨが復帰していてホッとしただけに留まらず、また藤田のCKを密集の中にも関わらず叩き込み3-1

川崎戦のことが少し頭を過ぎります。時間がちょっと早いかなと。

右WB山本脩に代って後半から出てきた駒野に今度は左サイドを蹂躙され始めます。あれだけフリーで上げさせては・・・
中盤にも嫌なスペースが見え始め、CBからクサビを入れられてチョン・ウヨンに展開される、松浦にドリブルで運ばれるなど、磐田もシンプルに、飛び込みにくい攻撃を繰り出してズルズルと下げられる。
ただ、どうも1対1の対応が軽くなっていた気がするのは自分だけでしょうか。
前田も交代し、回避だ!とか、ザック見てる~?とかテレビの前で自分が調子に乗ってたのが、まさかスカパー越しに選手に伝染したわけでは無いんでしょうが、居る時はかなり意識して抑えこんでいただけにホッとした、、、有りえんか。

今季は点は取れているのですが、どうも攻→守の切り替えが昨季ほど割り切った感じが無く、簡単に運ばれてピンチを招く姿が目立ち始めた気がします。
守のセンターラインが2人抜けた影響は無視出来ないですが、今いる選手達で乗り切るしか無いわけだし、何とか立て直して欲しいと思います。


試合直後にアップで鳥栖のゴール裏の面々が映っていましたが、(恐らく今日コールリードしていた)在京のサポーターの表情がもの凄く胸に刺さる引き分けでした。
ホームからアウェイの試合に行くサポーターはまだまだ少ないけど、アウェイでしか見ることが出来ないサポーターにも早く歓喜をたのんます!!


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ


あ、ザックさん 今節で得点ランク1位ですけど、どうですかね? いっそ豪州戦ででも・・・
関連記事

tags : サガン鳥栖 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
このブログをリンクに追加する
J1/J2順位表

Copyright ©続・旗の台日記 ~Diciassette~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad